MISSION

 

健康とは、大雑把には「病気ではない状態」と考えることができます。

しかし、WHOによる健康の定義は「精神的、肉体的にのみ良好な状態であるだけではなく、社会的にも満たされている状態」があげられています。つまり、肉体のみならず心身の問題も含めた健康を提唱しています。さらに「社会的にも満たされた状態」とあり、家族とつながり地域社会や国と国のつながりなど、大きな共同体から小さな共同体にいたるまでのつながりが満たされた状態を指摘します。


人間は心と体の存在ですが、人と人 人と自然、壮大な宇宙とのつながりや連繋のもとで躍動しながら生きる存在です。ところが、それらのつながりがきれてゆき、本来あるべき姿が失われてしまい不健康な状態が蔓延するようになりました。そこで、私たちは真の姿をとりもどし、切れていた繋がりを回復してゆくことで、健康をとりもどしてゆきます。


「ふじの町クリニック・健診センター」は、真の健康を取り戻す施設(「身近なものを利用した現代西洋医学に偏らない予防医療中心の施設」)として こころざし同じくする医師や多職種と連携しながら健診や診療を行うことをめざします。そのための指針として次の4つのミッションをかかげます。

 

ふじの町クリニックMISSION

 

わたしたちは「笑顔のおもてなし」を大切にします


「おもてなし」は日本が世界に誇る伝統的な精神文化です。
「おもてなし」の心とは、相手を思い、慈しみ、気遣いながら奉仕する心のことです。おもてなしの心は医療にもつながり、健常者を対象とする予防医療にも通じる精神です。わたしたちは、共通理念のもと、ひとつの心で受療者のおもてなしに心がけます。

 

予防医療の実践および確立をめざします


医学や医療の分野で科学的根拠が問われることが多い昨今、いまだ曖昧な根拠に満ちあふれているのが予防の分野です。予防医療に科学のメスをいれるということは倫理的な問題もあり検証がむずかしいとされます。 しかし、私たちは健常者のデータを適切に取り扱い、そこから読み取れる様々な事実に対して謙虚に学び予防医療に貢献してゆきます。

 

地域の伝統、文化、産物を医療の中に生かすことをめざします


霊峰富士によって培われた自然の恩恵を疾病や予防医療に生かし、人間が本来持つ自然治癒力に根ざした医療を実践し、さらに病気予防や健康増進を提唱できるよう こころがけます。


職種を超えた医療連携、地域連携をめざします


医療職とは資格をもった各分野の専門職集団です。それぞれが一致協力してこそ個人の能力を超えた適切な医療の提供が可能となります。職種を超え、地域の医療者とも連携しながら、受療者が安心し満足のゆく医療の提供をめざします。


医療法人社団 FUJI  
理事長 河合 秀彦 

 

 

ふじの町クリニックMISSION

 

院長略歴

院長・・・河合秀彦 (かわい ひでひこ)

専門・・・脳神経外科、内科、神経内科

学歴・・・東京医科大学医学部卒業

職歴・・・東京医科大学霞ヶ浦病院脳外科助手

  ・・・東京医科大学霞ヶ浦病院脳外科助手

  ・・・いきいきリハビリテーション病院診療部長

学会活動

日本脳神経外科学会認定専門医
日本抗加齢医学学会所属
日本旅行医学会所属
日本統合医療学会所属

 

 

 

Information

富士市にある脳神経外科、内科、神経内科、漢方内科、循環器内科、乳腺検査の診療所。健診、人間ドック、脳ドック、婦人科検診、統合医療を行っております 。
診療科目:脳神経外科・内科・神経内科・漢方内科・循環器内科・乳腺検査 健康診断:健診・人間ドック・脳ドック・婦人科検診
ふじの町クリニック、ふじの町健診センター|静岡県富士市にある脳神経外科・内科・神経内科の診療所・病院
ふじの町クリニック・健診センター
〒416-0915 静岡県富士市富士町12-12
クリニック専用:
TEL.0545-32-7711 FAX.0545-32-7712
健診センター専用:
TEL.0545-32-7812 FAX.0545-60-7150